考えすぎて動けない状態から“一歩”踏み出す。

こんにちは!

『今の自分を超える』
セッションをしている
しろくろたっちーずです。

これから、実験をしてみましょう!

まずは、
立ち上がって

次に、
歩き出してみてください。

腰が前に移動していますね?

軸足の上に腰がある状態のまま

一歩前に踏み出そうとしても
足は前に出せません。

同じように

胸を前に出しても
頭を前に出しても
腰が前に移動しなければ
動き出せませんね。

つまり、

一歩踏み出す=腰が移動する

と言い換えられます。

 

 

そして

「一歩踏み出す」という言葉は

「勇気を出す」という意味で
使われることが多いですが

 

「一歩踏み出す」ことが

できない時というのは

「腰が引けている」

「逃げ腰になっている」

怖気づいている状態です。

 

 

ならば、逆転の発想で

先に腰を移動させてみたら

どうなるでしょう???

 

信じられないかも知れませんが、

物理的に動かしてみることで

心理的な変化にも作用します。

 

たとえば「散歩」

気持ちのよい自然の中を

自分のリズムで歩いているだけで

 

モヤモヤがスッキリした

前向きな考え方になった

 

そんな経験はあなたにもありますよね?

腰が移動して、一歩踏み出すの繰り返し(笑)で

簡単に気分を変えることができます。

「そんな単純なもんじゃない!」

「散歩したくらいじゃ、
腰を移動させたくらいじゃ、
“一歩”踏み出せるわけない!」

と感じた方は、
おそらく普段から
たくさん考える方でしょう。

そんな“思考タイプ”の方に向けて
お届けしたいと思います。
考えている状態というのは、


今この瞬間に

エネルギーがない状態です。

 

というのも、

考えるときは、

過去の出来事に

「あの時、ああしていたら」

「こうだったらよかったのに」

という事を振り返っていたり

未来に対して

「どうしよう」

「どうしたら」

「どうすれば」
と手段を考えていたりします。

つまり、

過去か未来。
または、行ったり来たり。

右や左へ往来。
右往左往して、
前に進めないでいる。

『反復横飛び』を頑張って
している感じです(笑)

前に一歩踏み出したいなら

「まず止まれ!」

これが「マインドを静める」
という表現です。

これは、「今この瞬間」
という別の言い方であり、

私たちで言うところの
「マインドがひらく」です。

ただし、
過去や未来を考えることは、
悪い事ではありません。

右や左に行きながらも
前に進むから。

(過去や未来について
考えながらも行動できるから)

むしろ、それが
マインドの正常な状態だから。

「反復横飛び」は
やりたければ
やってもいいのですが、

前には進めません。

進めなくて辛いから、
苦しんでいる。
であれば、

「考えすぎは良くないですね」
っていう視点になりますよね。

マインドをひらき、
エネルギーを
「今この瞬間」に戻す
という事は、

『肉体という器に戻す』
という事でもあります。

結局のところ

エネルギーを
過去や未来に向けているから、

肉体に行動する
エネルギーがない状態なのです。
この世界で事象が起きるのは
「物質として」です。

微細なものであっても
「物」なのです。

エネルギーワークを
受けたからと言って
私たちがエネルギー体になって
肉体が無くなるという事はないので

実際に私たちが
何か行動に移すとしたら
肉体(物質)を使ってなのです。

まとめますと

考えすぎて動けない状態から
“一歩”踏み出すには

マインドをひらき、
肉体にエネルギーを戻すことが
重要となります。